2014年10月01日

私の夏2014。【みぞばた】

こんばんは、みぞばたです。

7月sundayからの怒涛の現場続きが一段落しました。
すべての公演が幕を明け、無事に幕がおりました。ご来場くださった方、応援してくださった方々、ありがとうございました。

東京ではとても刺激的な毎日をおくっていました。
時系列でならべてみると。。
7月末からの冨士山アネット/Manos.『醜い男』では、
役者陣の意識の高さと 芯の強さと 真摯さと優しさとその魅力にやられました。
一緒にモノづくりをさせてもらっているという感覚が、僭越でありながらも、とても貴重な経験でした。
テクニカルスタッフさんもとても人間的なのにスーパーマン揃いでした。流石。
東京公演の幕が開くところを無事見届けて、一時離脱。
気になることもあってとても離れ難かったけれど、キャスト・スタッフの皆さんにあたたかく送り出して頂きました。
お餞別のプレゼントも頂いて、お気持ちが本っっ当に嬉しかったです。
京都での再会を誓って、抱擁してお別れしました。

それから多摩へ。
新しい戦場。東京での戦さ場 第二弾。
一時間を切るランタイムの作品とはいえ、初日から通し稽古を二回行うという度胆抜かれるペースで開始された稽古。
中屋敷さんの演出や人柄や役者への愛を感じる稽古は、ついていくのに一生懸命でしたがやり甲斐がありました。
中屋敷さんの見る風景を、玲央くんと演者全員で共有し、目指す。
オーディションで集まったとは思えないメンバーの、とてもモチベーションの高い二週間でした。
打ち上げで演出家・出演者のみなさんから寄書きサプライズを頂戴した事はうれしかったなぁ。
至らなくて自己反省もあった中、
お客様はもとより関係者のみなさんにも楽しんでもらえていたと感じて、ほっとしました。

多摩のフェス自体がとても好評だった事も、うれしかったな。
初年度から引き続き参加させてもらっている歓びを感じました。
やっている事に手応えを感じた。続けてお仕事を頂けるって本当に幸せな事です。
多摩の会議室で、飛び交う関西弁を聞いていると、何だか笑っちゃったなぁ。ここは何処なんだ、多摩でしょ、と思った。笑
クロージング ダンスパーティーの渦を大階段から見下ろしたあの感動。
フェスが無事終わった後、所用で急いで走ってコケてiPhoneの画面を割った最終日。
ホテルへ帰る前に上司や仲間とコンビニ前でコーヒーとアイスをつついたまったりした時間。忘れない。

そして、約二ヶ月ぶりに帰阪。
こんなに自宅を留守にしたのは初めて。
久しぶりにバイト先に顔を出し、
大人の新感線を観て古田新太さんの佇まいに感動した。

それから間もなく冨士山アネット/Manos.『醜い男』京都小屋入り。
久しぶりの美術。そして役者陣と約束の再会。
もう20ステージ近くこなしているにも関わらず、役者陣の向上心は相変わらずで感心。驚嘆。尊敬。
なんという事でしょう。一人一人が芝居や作品にこんな真摯な座組って、無い。本当に凄い。
そんな人たちを思うと、少しでも負担を軽減したかった。
そして今年の夏、私は人や地球だけでなく演劇を愛してるんだって事をはからずも再確認しました。愛だねぇ。
京都で、東京のスタッフと再会できたのも嬉しかったな。大千穐楽に向け人が少しずつ集ってくるのが、RPGのラスボス前のパーティー集結のソレみたいだった。

数年前は客席から観ていた方と、
いま現場を共にするという不思議。
いつもギリギリのとこで踏ん張って続けていれば繋がるものですね。
玲央くんとも六年ぶりの現場だったしね。

本当に、出会えてよかった。
お互い続けていれば、また出会えると信じて。
ありがとうございました!!

image.jpeg

多摩クロージング.JPG

醜い男キャスト.JPG
※「醜い男」キャスト写真は、出演者.福原 冠くんのブログより拝借。
 
posted by chabasira at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

近況。【みぞばた】

こんばんは、みぞばたです、

今はひょんなご縁から東京に居まして、冨士山アネット/Manos.[醜い男]の演出助手をしております。
そのまましばらく滞在し、来月にも別現場で演出助手をやらせて頂きます。
一年前どころか、半年前には想像もしていなかった状況に身をおいていて、人生って不思議だなぁと思います。

制作現場はひとまず除き、
今年に入って四、五現場ほどがっつりと稽古場を経ているのだけれど
それでいて思う事は、演出家は ただ作品をつくるために稽古をしていれば良いのではないのだなぁと。
稽古場をまわす能力がとてつもなく必要で、
それは舞台監督さんが小屋で現場をまわす為にやっている様な事だったり、
役者を見る能力だったり、
はたまた意図を伝えたり読み取ったりするコミュニケーション能力だったり、
それに含まれるかもしれないけれど 言語を言い換える能力だったり、
現場の空気をつくる事だったり。その為には空気を感じる能力も前提に必要なわけで。
すぐに出てこないけど、もっと沢山あるかも。

長年の経験がものを言う部分も大きいとは思いますが、
そういった事を把握して実行されている方を見ると
「あぁ、演出家だなぁ。」としみじみ感じて、密かに尊敬の眼差しを送っております。
スゴイのよ、そういう方々って。
演出助手は、そういった事のサポートは出来るのだけれど、
役者が欲しいのは演出家からの一言だったりする訳で、結局演出家にしか出来ないお仕事だったりするのです。
ちなみに、関西小劇場にも 演出家と呼ばれる方々の中に そんな素敵な演出家さんは沢山いらっしゃると思っています。

今年はそんなサポート的な事や、俳優とのパイプ役になったりと、
水面下のお仕事をがんばってます。近況でした。
posted by chabasira at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

冨士山アネット。【みぞばた】

こんにちは、みぞばたです。

sunday『友達』からのご縁で、
長谷川 寧さん主宰 冨士山アネットの次回公演に演出助手として参加させて頂く事になりました。
なぜお声掛け頂けたのかは伺っていないので謎なところではありますが大変有難いお話であります。
夏は東に滞在してきます。
その間もう一件 東でのお仕事が増えそうなのですが、それはまた決まり次第告知させていただきます。

冨士山アネット次回公演は明日7/19(土)0時チケット発売!
東京以外に京都公演、福岡公演もありますので
機会がなくて見逃していた方も今回是非お越し頂ければと存じます☆
予約フォームもございますし、私の知り合いの方は私に直接お声掛けて頂いても。

関西には馴染み深い板倉チヒロさんもご出演です!
sunday『友達』で長谷川 寧さんに興味を抱かれた方も是非!!
この機会を逃すとまたしばらく観れませんよ〜。
私自身も稽古が楽しみです。


冨士山アネット/Manos.[醜い男]

作:
マリウス・フォン・マイエンブルク

構成/演出/振付:
長谷川 寧

出演:
板倉チヒロ(クロムモリブデン)
中林舞
大原研二(DULL-COLORED POP)
福原冠(範宙遊泳)

公式HP http://fujiyamanet.wix.com/minikui


「美」とは何か?

冨士山アネット/Manos.(マノス)の新作は、
ドイツの現代作家マリウス・フォン・マイエンブルクによる [醜い男]。
2007年ベルリン・シャウビューネにて初演後、
世界30カ国以上で上演された傑作戯曲に挑みます。
ブラックユーモアにまみれた現代の鏡の様な本作に、
見えない「美」を映し出します。

冨士山アネット/Manos.初の単独本公演にて、
東京、福岡、京都の3都市ツアー。
STORY
「でもあなたの顔は、残念だけどとてもとても醜い。」
エンジニアのレッテはその外見の醜さゆえに、
自らが開発した新製品を学会で発表する晴れの舞台から降ろされてしまう。
本人の無自覚さとは裏腹に、その醜さは妻にも目を逸らされる程おぞましいものだった。
初めて自分の顔の醜さを知ったレッテは、美容整形を受ける。
其処で得た顔は、「尋常でない成功例」。
完璧な顔によりその後彼の人生は劇的に変わって行くが・・・。


【東京公演】
2014年9月5日(金)―16日(火)
東京芸術劇場 アトリエイースト
東京予約フォーム(9/10迄は前半割!)http://ticket.corich.jp/apply/56800/010/


【福岡公演】
2014年9月22日(月)―23日(火.祝)
ぽんプラザホール
福岡予約フォームhttp://ticket.corich.jp/apply/56801/009/


【京都公演】
2014年9月26日(金)―28日(日)
アトリエ劇研
京都予約フォ−ムhttp://ticket.corich.jp/apply/56802/009/

醜い男 宣伝画像.jpg 醜い男 宣伝画像オモテ.jpg
 
posted by chabasira at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

ひとくぎり を迎えました。【みぞばた】

こんばんは、みぞばたです。

月日が経つのは早いもので、
4月末に かのうとおっさんの公演が好評のまま終わり
5月中頃からスタートしたsundayの稽古も
先日無事 千穐楽を迎えました。
どちらの公演も、ご来場くださった皆様、応援して下さった方々、ありがとうございました。

sunday『友達ノート』の100人企画という、目に見える形で応援してくださった方にも御礼申し上げます。
初日の幕が開けるまでは、いつまでたっても、どの現場でも、様々な理由で緊張するもので。
私は演出助手として参加させて頂きましたが、特に今回は初日が明けても全く油断ならない状態で、個人的には楽日の朝に少し余裕が出てきた感じでした。

泣けるほどつらい事や どうしようもなく腹の立つ事、心より嬉しい事や 驚くような有難い事など色々ありました。
今回寸分たりとも手抜きはしておりませんが、反省はあります。後悔はありません。
仕事として臨んでいますが、結果とても勉強になりました。反省は今後の糧にします。
あたたかい目で見守って頂いて本当に感謝です。
チームとしてお仕事が出来たのも楽しかったな。

新たな出会いも沢山ありました。
一方的に思うだけでなく、一員と思って頂けてた事が分かって嬉しかった。

現場で生まれたものも沢山あった。やはりそれぞれの提案や考え方があるクリエイティブな現場は楽しい。
そして何よりお互い"人"が好きな事が良い。とても共感できる。素敵だと思う。

今は、明日からの現場の準備をしながら、御礼メールを書いたり届いたり。
頂いた嬉しいお言葉たちは、今後の活力にしたいと思います。
早速、明日からの現場を頑張ります!

お客様はもちろんの事、出演者、スタッフ、そして何よりウォーリーさんへ心から感謝御礼もうしあげます。
本当に、ありがとうございました!

__.JPG
 
posted by chabasira at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

溝端 理恵子、外部出演情報!【制作部】

かのうとおっさんvol.19
TOKYO PLAYERS COLLECTION 完全のっかり企画

『IN HIS THIRTIES』


2014年4月29日(火・祝)〜30日(水) 全4回ステージ

29日(火・祝) 15:30 / 19:00
30日(水) 14:00★  / 18:30

※受付開始は開演の45分前、開場は30分前
     ★=終演後、舌から生まれたイケメン・FM802DJ野村雅夫によるアフタートーク有り



男子の30代は波乱万丈!
30代男子10名で綴る一人の男の数奇な10年

言うまでもなく男子の30代は波乱万丈です。

結婚と離婚、出世する同僚、親の介護。
薄くなる頭髪、出る腹、階段を上る際の息切れ。
娘のギャル化、不意に湧き上がる田舎暮らしへの憧れ。
脱サラしタコ焼き屋を始めたくなるものもいれば、安定を望む者もいます。
かのうとおっさんの親しい友人たちも、
最近パパになったよと報告をくれる者と離婚する者が両極端です。

男の30代――それは、人生の大きな転換期です。
アグレッシブで、デンジャラスで、ユーモラスです。
道を踏み外すものがいます。
リスクをかえりみないものがいます。
これは、そんな冒険者たちに最大のエールを送るべく生まれた一編の物語です。


  【脚本・演出】

  かのうとおっさん


  【出演】

  桐山泰典(やみいち行動/中野劇団)
  河口仁(シアターシンクタンク万化)
  田中克典
  若旦那家康(ROPEMAN(35.5))
  小永井コーキ(彗星マジック)
  田米カツヒロ
  神藤恭平(DanieLonely)
  坪坂和則(劇団壱劇屋)
  辻浩一
  クールキャッツ高杉(イッパイアンテナ)

  遠坂百合子(リリーエアライン)
  溝端理恵子(茶ばしら、)
  佐々木ヤス子

  嘉納みなこ(かのうとおっさん)
  有北雅彦(かのうとおっさん)


  【料金】
  前売 2,500円 当日 2,800円 学生 1,200円
  (全席自由/税込)


  【会場】
  大阪市立芸術創造館
   〒535-0003 大阪府大阪市旭区中宮1丁目11-14 TEL 06-6955-1066
   ・地下鉄谷町線「千林大宮」駅下車 4番出口より南西へ徒歩10分
   ・京阪「森小路」駅下車 西出口より西へ徒歩10分
   ・地下有料駐車場あり


  【チケット予約】
  http://ticket.corich.jp/apply/53903/014/

  先行予約期間☆3/9(日)〜3/21(金)☆
   先行予約特典!8箇所可動☆色々なポーズが楽しめるハイクォリティなおっさん紙人形

INHIS.jpg

  ★ご来場者全員特典!
  「10年後占い」未来は誰にもわからない?ノン!かのうとおっさんにはお見通し!
  あなたの10年後を鋭く占うよ!時には10年後以外も占うよ!

  ★「IN HER THIRTIES」完全のっかり企画
  そもそもの始まりは、嘉納みなこが TOKYO PLAYERS COLLECTION(トープレ)の新作舞台
  『IN HER THIRTIES』(イン ハー サーティーズ)オーディションに合格したことから始まりました。
  一人の女性の30代の10年間を30代女優10人で描くというこの作品。
  待てよ。女子の30代はたしかに面白かろう。しかし男子の30代も面白かろう!
  ということで、すがすがしいほどトープレ企画にのっかって作られるのが、
  『IN HIS THIRTIES』(イン ヒズ サーティーズ)なのです。

  ★「彼と彼女」キャンペーン=『IN HER THIRTIES』との合同企画!
  『IN HER‐』『IN HIS‐』どちらもご覧の方には特別プレゼントを進呈!!
  ※受付で『IN HER‐』の半券をご提示ください。プレゼント内容は追ってこのブログで発表!!


 
posted by chabasira at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 外部出演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

『レンアイ罪』つれづれ日記C。【みぞばた】

IMG_0194.JPG

四人目。
得田 晃子さん。as カズコ。
以前に空の驛舎さんに出演されているのを観て素敵な女優さんだなぁと思い、終演後 偶然日呂さんのお引合せでちょこっとお話させてもらって 話しやすい方だなぁと思い、今回のオファーに至りました☆
出会いってドコにころがっているか分からないものですね。日呂さんご縁をありがとう。
舞台上でも普段でも、ぐいっと引っ張ってくださる力強い感じが「姐さん!」という感じで頼もしかったです。
稽古場でもセッティングなど協力して下さって有難かったです。アップのボール遊びが本当に楽しそうだったのが印象的でした(笑)
会話劇をやっているお姿もすてきですが、コメディエンヌとしてもすてきなので、
いつかがっつりコメディをやっているお姿も拝見してみたいです!

【次回出演作】
南船北馬『いき おい』
2014年3月13日〜16日@カフェ+ギャラリーcan tutku

 
posted by chabasira at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『レンアイ罪』つれづれ日記B。【みぞばた】

IMG_0014.JPG

三人目。
西岡 裕子ちゃん。as タマコ。
西岡ちゃんとは、古巣の劇団ひまわりからのお付き合いで、あちらの方が年下だけど先輩という複雑な間柄です(笑)
自分の初舞台をスタッフとしてサポートしてもらった事はあれど、役者同士でご一緒するのはハジメテ。
脚本のあしだ深雪ちゃんとも古巣で一緒だった事もあり、タマコだけは西岡ちゃんをイメージして書かれていて、オモシロ女子なところは結構アテ書きになってました。
終演後、手書きの額をプレゼントしてくれたりして、心遣いがほんとに嬉しかったです。

image.jpeg

稽古場でもアフターでも色々とお世話になりました!西岡ちゃんが居てくれる事でたくさん助けられたな〜。
とても気配りのできる女子ですが、
舞台上ではかわいいと言われるより面白いと言われたいらしいです。さすがコメディ劇団所属女優!


【次回出演作】
3人家族 第2回公演『どうする?(仮)』
2014年6月@無国籍料理aggi

 
posted by chabasira at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

『レンアイ罪』つれづれ日記A。【みぞばた】

IMG_0348.JPG

二人目。
大沢 めぐみさん。as ヤマネさん。
大沢ちゃんとは、干支ひとまわり以上の付き合い年数がある親友ですが、
現場をご一緒するのは実はハジメテ。元々、知り合ったきっかけも演劇とは別なところでした。
実はキャスティングでは、難しい役どころのヤマネさんに大沢ちゃんを推しまして、
凛とした感じが「絶対合う!」と思ってました。結果 大沢ちゃんで本当に良かったと思っております。
普段は、サバサバなのにほんわか(?)してはるんですけどね〜。
バラシの時の楽屋片付けの姿は頼もしかっただす。
今回女子の中では絡みが少なかったので、いつか やりとりを楽しむような、がっつり しっとりとした会話劇も一緒にやってみたいと思いました。
劇中では、大沢ちゃんが密かに遊んでいるシーンがあって、その一人遊びを見ると笑ってしまいそうになるので、トラップを回避するのがなかなか大変でした。笑


【次回出演作】
M_Produce tryout リーディング公演『そこにあるということ』
2014年3月6日〜9日@東山青少年活動センター 創造活動室

 
posted by chabasira at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『レンアイ罪』つれづれ日記@。【みぞばた】

こんばんは、みぞばたです。

閉幕後 恒例の、出演者紹介をやっていきたいと思います。
今回も本番前にやろぅか迷ったのですが、初回・前回にのっとって、閉幕後にする事にしました。


IMG_0181.JPG

一人目。
一瀬 尚代さん。as レイコ。
今までにちょこちょことお会いした事はあれど、現場をご一緒するのは初めましてな役者さん。
『レンアイ罪』の稽古本格スタート直前に、INDEPENDENT一人芝居フェスでも役者さんとスタッフとして現場をご一緒しました。
一人芝居フェスではかなり強烈な作品をされていらっしゃいましたが(笑)、一瀬さんの芝居が素敵にオモシロくて
茶ばしら、に出演してもらえるのが嬉しかったです。存在感のある女優さんです。
稽古場では当初 遠慮深い方だな、気を遣わせてしまっているな〜と思っていたのですが
小屋入りする頃には変にそういった事もなくリラックスして頂いてたみたいでよかったです。
一瀬さんのふだんのキャラが面白くて特に男性陣に人気でしたが、私や大沢ちゃんもひそかにツボっておりました。笑
芝居の役どころ上 私とのやりとりが多かったですが、自然と生まれたものや 相談してできたものとか、色々あって楽しかったです。
客演多数の人気の女優さんで、今も稽古のハシゴをされたりしてるみたいです。スゴイ!


【次回出演作】
fabricant fin story6『し き』
2014年2月14日〜16日@カフェ+ギャラリー can tutku

 
posted by chabasira at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

終演。【みぞばた】

こんにちは、みぞばたです。

茶ばしら、3本目公演『レンアイ罪』無事幕がおりました。
ご来場頂いたお客様、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。
観て下さる方、みていて下さる方が居るからこそ、私達は頑張るのだと改めて実感した公演でした。
ご覧頂いて、少しでも楽しんで頂けたなら幸いです。。

出演者陣は、舞台に立つということをとても前向きに捉え 自分たちが面白いと思う事を積極的に提案したり 共に試してみようとする役者ばかりで、とても手作り感があるというか、このメンバーだから出来た作品になりました。

スタッフ陣にもとてもお世話になりました。
舞台監督の武吉さん。早い段階で打ち合わせをして図面を上げてくれて、何度も稽古を観に来て、物量が多い小屋入り前の下準備もしっかり整えてくれました。本番中は、困難な仕掛けを演出に沿うよう操ってくれて、芝居や座組への愛を感じました。間違いなく今回一番お世話になったスタッフさんです。
照明の大塚さん。ご自身の演出作品と本番がカブっているにも関わらず、稽古を観に来てはプランをさくさくと決めて。スタッフ打ち合わせでは演出家が二人いるみたいになってました。素敵な照明で作品に色を添えてくれました。
オペスタッフの追上さん。追ちゃんとは一人芝居フェスで長い間ご一緒させて頂いてて、今回自分のユニットでオペをしてもらえる事がなんだか感慨深かったです。作品の空気を感じてくれるオペで、とてもスムーズな場当り進行になりました。
音響の近松くん。スタッフ同士として なんやかやと現場をご一緒した事はあれど、がっつり現場をご一緒したのは今回初めてでした。難しいオーダーの中、役者の芝居のイメージが膨らむプランを立ててくれました。
映像の朋ちゃん。イメージを汲んで、度重なる映像ネタの修正や変更の依頼にもとてもスピーディーに気持ちよく対応してくれました。
制作の大さん。今まで以上の細かいオーダーにも快く応えてくれました。美味しいごはんもありがとうございました。みんな食べ過ぎてました(笑)。

また、ぼちぼちと恒例の役者紹介もしていきたいと思います。

IMG_0747.JPG

 
posted by chabasira at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。